2009年08月30日

お金は人・・・?

貨幣(かへい)は、いつごろ使われ始めたのかはよく分かっていないが
物々交換が盛んに行われるようになると
それに替わる価値観のある物で交換を代用するようになってきました。

それが、

石であったり、やがて貝に替わって


石が貝に化け

貨幣の『貨』でしょうか
化(ば)ける字の下が貝です


貨幣の幣は御幣(ごへい)とおなじであり、

幣束は神に捧げるものという意味であり、神様を表す物になったりもします。

また
お金は、足が生えているかのように財布にはいったり出たり
行ったり来たりすることから ⇒ お足


現在の日本の通貨の単位は円(えん)で
明治4年5月10日に制定されましたが、当時は圓で
貝の字が入っていました。

ローマ字ではenでなく何故かYENと紙幣に印刷されています。

また1$(ドル)が360円であった当初は
円が360度であったから設定した? 諸説もあります。
真実かどうかはわかりません(汗)

posted by 水先案内人 at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする