2009年12月05日

秋の手作り酵素_準備編

秋の恵みは持続のエネルギーに満ちています。
冬至(12/22)までに作り上げ
秋から春にかけて飲む(使う)酵素です。

<材料として>
秋の実り全般 ⇒根菜類や豆類、穀物、果物、木の実、種子等で作る

サツマイモ、カボチャ、 里芋、山芋、 人参、大根、ラディッシュ、

蓮根、白菜、キャベツ、チンゲンサイ、キュウリ、トマト、みかん、リンゴ、

柿、梨、ぶどう、花梨、イチジク、アケビ、玄米、大豆、黒豆、

小豆、金時豆、モロッコ豆、トウモロコシ、ビート(テンサイ)

ナナカマドの実、粟、ショウガ、イタドリの根、オオバコの実、

銀杏、じゃがいも、レモン、セロリ、南天の実などなど

(注)豆類、穀類は発芽の準備をさせるため前日から水に浸しておく

<酵素をつくる時に必要なもの>
樽40g、まな板、ざる1〜2個、包丁、はかり
白砂糖(材料の1.1倍)、発酵材ケルプ(材料10Kgに1袋)、
海の精(材料10Kgに1本)。

posted by 水先案内人 at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り酵素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。